クレジットカードの裏技ドージョー

クレジットカードの裏面に書くサインって何を書いたらよいの?

クレジットカードの裏面に書くサインは・・・何でも良い!?

 

クレジットカードを新しく作り、手元に届いたら裏面にサインを記入するかと思います。唐突で申し訳ないのですが、そのサイン、どのようなサインにしますか?日本人の多くは、自分自身の名前をフルネーム(漢字)で記入するかと思います。もしくは、ローマ字でしょうか。

 

ここでは、そんなサインにまつわるお話をしていきたいと思います。ちなみに、記入していない方は、防犯上、問題になる可能性があるため、早急に記入するようにしてください。

 

 

基本的に何でもよい

クレジットカードの裏面に書くサインは・・・何でも良い!?

 

実は、裏面に記載するサインは、基本的に何でもよいとされています。重要なことは、裏面のサインと、支払い時に記載するサインが「同じ」であればよいのです。意外と知られていないため、驚いた方もいらっしゃるかと。

 

あまりにも突拍子もないサインだと…

極端な話、顔文字だったり、〒のような記号だったり、突拍子もないものでもよいのです。と、言いたいところですが、度が過ぎると、クレジットカード会社から指導が入る場合があります。

 

裏面のサインとは「支払いに了承したよ」と認めるサインと、同じ文字になっているのか?が重要になります。このチェックを著しく妨げたり、簡単すぎて(「・」だけの強者も事実存在したようです)逆に安全性がなかったり、問題が発生するわけです。結果、指導が入ってしまうわけですね。

 

したがって、裏面のサインは一般常識内で自由に記載するとよいでしょう。

 

 

日本人特有の文字「ひらがな」サインのススメ

クレジットカードの裏面に書くサインは・・・何でも良い!?

海外へよく足を運ぶ方は、この裏面のサインを、特にこだわりがなければ、ひらがなにすることをオススメします。理由は、簡単で外国人の方は、ひらがなが非常に苦手だからです。

 

もし紛失・盗難されてしまったとき、不正利用を少しでも阻止をするために、サインを難しくしておこうという魂胆。あまりにも難解な文字にしてしまうと、自身が記載するときに面倒ですし、漢字だと、欧州・欧米などであれば問題ないかもしれませんが、中国であれば「簡単」な文字となってしまいます。

 

ひらがなは日本特有の文化で、慣れ親しんでいない方にとっては、ハードルの高い文字。本当か?と思うかもしれませんが、本当なのです。

 

例えば、アラビア語を思い浮かべてください。スラスラ記入できる方は、なかなかいないのではないでしょうか?これと同じことで、慣れ親しんでいない人間にとっては「ただのウニョウニョした文字」になってしまうのです。この状態で、サインをしたとしても、筆跡の違いから業者側が気付き、防犯対策を先手を打つことができることに繋がるわけですね。

 

せっかく自由なのだから、日本人として “ひらがな” を使うのも防犯面と「風情」も合わせた、よいサインではないでしょうか。